均等待遇アクション21京都

均等待遇アクション21京都は,均等待遇社会の実現のために,京都で活動している,超党派の集まりです. どなたでも参加できます.京都の方はぜひご参加ください.

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-03-04

京都駅の現場に行ってきました

 いろいろバタバタしているうちに、ショックな事件がおきました。 3月1日23時ごろ、京都駅で野宿の方がシャッターに押しつぶされて亡くなられました。19歳の駅員は、業務上過失致死で逮捕されたけれど…。これって、駅員の過失、で済まされることじゃないですよね。  なぜ野宿の方が死ななければならなかったのか。なぜ、そこで寝なければならなかったのか?そのことを駅員は知っていたのか?「シャッターのスイッチは、6m離れていて柱の影が死角になっていた」と新聞にはありましたが、安全確認第一で業務ができるようになっていたのか?  〝なぜ〟の根っこには、同じ問題があるように思います。 今日、京都駅の現場に行ってみました。お花とビールと「夜回りの会」の追悼文が、現場に置かれていました。  2月の例会で、こんな世の中変えていくために、野宿の人たちとも連帯していこう、と決めたばかりだったのに。前向きのいろんな動きを伝える前に、落ち込む事件から書いてしまいました。


P506iC0003277085.jpg

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinto.blog52.fc2.com/tb.php/5-a5ba16f1

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別 過去の記事

カテゴリー別

その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。