均等待遇アクション21京都

均等待遇アクション21京都は,均等待遇社会の実現のために,京都で活動している,超党派の集まりです. どなたでも参加できます.京都の方はぜひご参加ください.

--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006-11-21

女性たちのための表現とコミュニケーションの教育ワークショップ

チラシはこちらからどうぞ

「すべての人は、生まれながらに人としての尊厳を維持するために、奪われてはならない権利、すなわち人権を持っている。…この人権のことをわたしは『人のちから』と呼んでいる。人が生きるためになくてはならないちからである(森田ゆり「多様性トレーニングガイド」より)

私たちの教育ワークショップは、あなたのちからを引き出すためのグループ活動です。職場や家庭、地域で、あなたらしく生きる力を、いっしょに磨きませんか?

場所  あさぎりフェスティバル会場内
  ゆめりあうじ(宇治市男女共同参画支援センター/JR宇治駅前)
  4F第二会議室
  〒611-0021 京都府宇治市宇治里尻5-9
  電話 0774-39-9377
時間  2006年12月3日(日)12時半~15時半

伊藤みどりさん
1995年、女性ユニオン東京を結成。その後、2005年まで委員長として日本最大の女性ユニオンを運営し、活動してきた。とりわけ若い活動家の育成に力を入れ、日米女性労働者教育ワークショップを通じて、全国の女性たちと教育ワークショップでつながり、新しい女性運動を模索している。均等待遇アクション21事務局メンバーでもある。

私たちは、均等待遇を求めて活動している京都のネットワークです。
 現在、非正規雇用が当たり前の働き方となり、とりわけ女性の労働現場においては不安定で将来の展望が持てない状況があります。パートや派遣、契約社員など細切れの労働実態から、労働者一人ひとりが出会えず、連帯して共通の問題に立ち向かうことが困難に見えます。でも、ひとつの職場では仲間を得られずとも、大きなネットワークで繋がりあい、それぞれが抱えている問題を共有化し、解決策を見出すことは容易です。今回は、女性労働教育ネットワークの中心メンバーと一緒に、誰もが気軽に参加できる「参加型ワークショップ」を企画しました。

あなたは、職場や地域で仲間とうまくコミュニケーションは取れていますか?

自己発見と相互に問題を共有することを目的にしたワークショップを通して、将来的につながりあえたらいいですね。

チラシはこちらからどうぞ

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://kinto.blog52.fc2.com/tb.php/25-76bf3242

生きる力について

生きる力生きる力(いきるちから)とは、全人的な資質や能力のことを指す用語であり、具体的には、「変化の激しいこれからの社会を」生きる力のことである。1996年に文部省(現在の文部科学省)の中央教育審議会(中教審)が「21世紀を展望した我が国の教育の在り方について

 | HOME | 

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別 過去の記事

カテゴリー別

その他

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。